今まで現金主義を貫いてきた人であっても、キャッシュレス化を推進する政策によりクレジットカードが必要になるシーンが日常生活でも出てきました。

そこで、初めてクレジットカード申込をしても中高年の場合には、なぜか最初の1枚が審査落ちとなってしまいがちです。

背景として、スーパーホワイトという状態になっていることが原因でした。

スーパーホワイトは信用情報期間に取引履歴が無いことを意味する

クレジットカード審査落ちの原因として、スーパーホワイトという状態が挙げられますが、カード会社は審査落ち理由について一切回答してくれません。

会社勤務をしていて、クレジットカードを持っていないだけで借金がゼロにも関わらず、クレジットカード審査に通らない理由は個人信用情報機関にあります。

なぜなら、現金主義を貫いていると、カード会社が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を行っても全く何も履歴が出てきません。

過去の返済履歴を確認出来ないからこそ、クレジットカードを発行しても良いか判断し辛いわけです。

現金主義と債務整理者はスーパーホワイトになっている

カード会社がスーパーホワイトをクレジットカード審査にて落としてしまう理由として、リスク回避という狙いがあります。

なぜなら、個人信用情報機関へ信用情報照会を行っても過去の金融取引履歴が全く無い状態は、最大5年間という履歴登録期間よりも前の情報は順次消えて分からないからです。

債務整理によりどこからも借入が出来ない状態であっても、同じく個人信用情報機関へ返済履歴が登録されないので、自己破産や個人再生が完了して5年以上経過すると履歴が真っ白のスーパーホワイトとなります。

現金主義者と債務整理者の区別がつかないことが、クレジットカード審査においてリスク回避のための審査落ちを決定する原因となるわけです。

意図的に携帯電話を分割払いにしてスーパーホワイトを脱却してみよう

では、スーパーホワイトの状態になると中高年者はクレジットカードを全く持てないのかといえば、少し工夫するだけで審査に通るようになります。

10万円未満の携帯電話を分割払い購入して、毎月確実に返済をするだけで半年以上続ければ個人信用情報機関へ返済履歴が登録されてクレジットカード審査に通るようになるわけです。

10万円未満の携帯電話分割購入は、審査内容が簡易的なためにスーパーホワイトであっても通りやすいので、意図的に返済履歴を作るために利用すると良いでしょう。

まとめ

中高年者がスーパーホワイトの状態になると、カード会社からは現金主義者と債務整理者の区別がつかないために警戒されてしまい審査落ちに繋がります。

そこで、携帯電話の分割購入を意図的に行って返済履歴を付けてからクレジットカードへ申込みすれば、スーパーホワイトの状態を脱却可能です。